フリーランスにコーディングを外注依頼するメリットとデメリット
2022/01/13
  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Link

フリーランス(個人事業主)が運営するHTMLコーディング代行サービスの特徴や、メリット・デメリットをご紹介します。法人とフリーランスではそれぞれ対応できる案件や得意分野が違います。プロジェクトの規模や内容に応じて賢く使いわけましょう。

HTMLコーディング代行業者の規模や運営形態はさまざまですが、大まかには法人とフリーランス(個人事業主)の2種類にわけられます。

法人とフリーランスにはそれぞれ一長一短があり、必ずしも法人に依頼するのがベストな選択とは限りません。外注時に重視するポイントや依頼内容によっては、フリーランスの方が希望通りの対応をしてくれる場合もあります。

フリーランスにHTMLコーディングを依頼するメリットとデメリットをまとめました。

フリーランスに依頼するメリット

まずはフリーランスのHTMLコーディング代行業者に依頼するメリットをご紹介します。

コーディング料金を抑えられる

フリーランスは法人よりもコーディング料金が安い傾向にあります。

法人にはさまざまな諸経費がかかるため、HTMLコーディング代行サービスを運営するためのコストがフリーランスに比べて高くなります。逆に経費が最小限で済むフリーランスは、コーディング料金を安く設定しても利益を確保できるのです。

コーディング料金に差が出やすい要素の1つがディレクション費の扱い方です。フリーランスはディレクション費を設定していない人が多いです。

そもそもすべての案件でディレクション業務が発生するとは限りません。ディレクション不要の案件を依頼するなら当然、ディレクション費を徴収しないフリーランスが安いです。またディレクションが必要な案件であっても、コーディング費のみでディレクション業務も行ってくれるフリーランスに相談すると、安くあげられる可能性があります。

柔軟な対応が期待できる

上述のディレクション費とも関係しているのですが、フリーランスにHTMLコーディングを外注するとほとんどの場合、依頼者は直接コーダーとやり取りすることになります。そのため要望や指示をきめ細かく伝えやすいです。

レスポンスや作業が早い

大至急の案件は、法人よりもフリーランスの方が素早く納品してくれる傾向にあります。フリーランスは1人ですべての工程を担当する場合がほとんどなので、依頼内容や要望をヒアリングしたら即コーディング作業に取りかかれます。

深夜や休日も対応してもらいやすい

法人は営業日や営業時間が厳密に決まっていて、基本的に営業時間外の新規依頼には対応していません。営業時間を過ぎてからの見積もり依頼や発注の受付けは、翌営業日扱いになります。

一方フリーランスは作業する本人が稼働時間を決めるので、深夜や土日祝日でも対応してもらえる可能性が高いです。もちろん全員が時間外の受付けを行っているわけではありませんが、逆に緊急窓口を用意している人もいます。

フリーランスに依頼するデメリット

次に、フリーランスのHTMLコーディング代行業者に依頼するデメリットをご紹介します。

能力がピンキリ

HTMLコーディングは最低限テキストエディタがあればできますし、コーダーになるための資格や試験はありません。間口が広く、自称すれば誰でもコーダーになれてしまうわりに、その能力を客観的にはかる方法が少ないのです。しかもWeb制作に必要な技能は年々増えています。

フリーランスのコーダーの能力ははっきり言ってピンキリです。システム開発もこなせるレベルの人もいれば、簡単なデザインしかコーディングできない人もいます。常に最新の技術やトレンドを学んでいる人もいれば、時代に取り残されている人もいます。

信頼度が低い

HTMLコーディングのクオリティや納期についての信頼度は法人の方がフリーランスより高いです。フリーランスはすべての工程を1人で担当するので、もしなんらかのアクシデントが起これば作業が完全にストップしてしまいます。

大規模プロジェクトを任せづらい

フリーランスでも大規模サイトのHTMLコーディングは可能です。しかし上でも述べた通り、「確実に納期を守ってもらえる」という安心感がありません。作業期間が長い大規模プロジェクトは、フリーランスには任せづらいのが現実です。

納品後のサイト運営や更新は難しい

リソースが限られているためフリーランスのHTMLコーダーは、納品後のサイト運営や更新作業への対応が難しい傾向にあります。そもそも運用フェーズの依頼は受け付けていない人もいれば、手が空いていれば可能な限り対応するという人もいます。

納品後の運用もお任せしたい場合は、見積もりを取るときに事前に確認が必要です。

まとめ:依頼内容によって使いわけよう

一口に「HTMLコーディング代行業者」といっても、法人とフリーランスでは可能なことや得意分野は全然違います。HTMLコーディングを外注依頼するときは、料金の安さだけではなく、制作するサイトの規模感や依頼したい内容も考慮して代行業者を選びましょう。

・深夜や土日祝日に対応してほしい
・スピーディーに対応してほしい
・小規模サイトや少ないページ数をコーディングしてほしい

フリーランスにHTMLコーディングを依頼したい主なシチュエーションは上の3つです。フットワークが軽く、いろいろと融通をきかせてくれるところがフリーランスの魅力です。

サービスに関するお問い合わせや、お見積もり、納期のご相談お待ちしております。

お見積もりご相談・お問い合わせはこちら
お見積もりお問い合わせ